二重で目元の印象を大きく変える!アフターケアも非常に重要

サイトメニュー

目元に触れる女性

一重の目は大きくできる

簡単に目を大きくできると、一重の方に人気になっているのが、医療機関で受けられる二重の整形手術です。美容外科クリニックのカウンセリングを受ければ、理想の二重にするための相談が行えるので、すべてを理解した上で整形手術を申し込めます。

詳しく見る

顔に触れる女性

形や幅にも流行がある

二重整形は事前に形や幅を決めますが、流行に左右されず自分に合った形にすることが大切です。また、大きく変化をつけたい人は切開法、自然な仕上がりにしたい人は埋没法が良いでしょう。どちらもメイクの時間を大幅に短縮できます。

詳しく見る

カウンセリング

カウンセリングが重要

二重整形は施術時間は短いのですが、後でやり直すことが難しいこともあるので事前のカウンセリングが重要です。またダウンタイムは長めにとっておくと、もしも施術後に腫れが引かないという事態になっても落ち着いて過ごせるでしょう。

詳しく見る

手術後の腫れを早くなくす

看護師

アフターケアも大切

二重整形手術はどのような方法をとったとしても、手術後に目の腫れが起こります。今まで手術を受けたことがない人は、朝に目がむくんでいる程度のものを想像するかもしれませんが、実際にはもっと大きく腫れるので、人前に出ることが難しくなるほどです。そのため二重整形の手術の後には1〜2週間ほどは仕事を休むなどの余裕をもたせておくことが大切です。また生活の中で腫れが早く引くように気をつけることで、人前に出られない時期を短くすることができます。腫れが起きている場所は手術でメスを入れた場所が中心になりますが、その部位の血流が良くなるとますます腫れが悪化してしまいます。そのため、できる限り体の血流が良くなり過ぎないよう気をつけることが重要です。運動は健康にはよいものですが体の血液の巡りが良くなることは手術後の目の腫れを悪化させてしまいます。特に手術が終わってから数日間は安静にするように心がけておくことが大切です。家事をする程度に動いたりするのは大丈夫ですが、激しく動いて汗をかくようなトレーニングは行わないようにしましょう。もうひとつ重要なことは、入浴で温まり過ぎないことです。寒い季節は湯船で温まるという人が多くなりますが、できればシャワーで済ませたほうが安全です。入浴は全身をお湯の中につけることで、かなり血流が良くなる行為なので、腫れを早く直したい場合にはシャワーがおすすめです。また寝る時に頭を高く保つこともむくみによる腫れを軽減させられます。枕を高めにするなどの工夫をしてみてください。二重整形は手術時間も短いですし、手術が終わればクリニックに行く必要がないというところもあります。しかし、本来は整形手術はアフターケアも非常に重要な役割を果たします。二重整形であれば腫れが完全にひいた後の姿をチェックすることで、手術の仕上がりを見ることができます。その時に初めて完成した形を見ることができるので、手術を受けた本人が不満を持っている時にはその場で伝えることができます。しかし、こういったアフターケアがないクリニックでは、手術が終わった後に不満が生じた時の窓口がなくなってしまいます。もちろん自分で予約をとって受診をすれば意見を伝えられますが、そこまでする気力がない場合には不満を伝えないままに時間が過ぎてしまうでしょう。また手術後に痛みや違和感がでた場合にもアフターケアのないクリニックでは対応してもらえないという事態になることがあります。そういったことを考えると、アフターケアが充実しているクリニックを選ぶことが重要だということがわかります。アフターケアは受診を必ず行うようにしているところもありますし、必要がある場合だけ受診をするシステムのところがあります。どちらでも自分の好みのほうを選べば大丈夫でしょう。自分から受診をしにくいという場合には、術後に受診することが予定に含まれているクリニックにすると、気を使わずに手術後の診察を受けられます。またクリニックによっては手術の後の保証をつけているところもあります。これは手術をして気に入らない結果になった時や二重がとれてしまった時に使うことができます。保証があるという安心感の他に、保証がある期間は受診がしやすいというメリットがあります。