二重で目元の印象を大きく変える!アフターケアも非常に重要

サイトメニュー

カウンセリングが重要

カウンセリング

ダウンタイムは長めに設定

二重手術は整形手術の中でも手軽にできるということで人気がありますが、手術前にしっかりと二重の形や幅を決めておくことが大切になります。もともと一重の人だけでなく二重でも、気に入っていない状態だという場合には、形や幅を変えることで理想の目元に近づけることもできます。このように一重の人だけが受けることのできる手術ではなく、誰もが理想の目元に近づけるために利用できる施術だという点が特徴です。目元の印象は顔の中でもイメージを決める中心になるものなので、他の部位は全く手を加えないでも、目元だけを変えて大きく印象を変えることができるでしょう。簡単な手術だというイメージを持っている人が多いのですが、手術自体は簡単でも事前のカウンセリングには十分な時間をかけることが大切です。目元の印象は二重の幅が違ったり、形が少し違ったりするだけで大きく変わってきます。それに加えて元々の目元の状態によっては、他の施術も同時に行ったほうが理想に近づけるということがよくあります。目を大きく見せたいのであれば目頭切開などを同時に行うと一度の手術で理想に近づけることができます。ほかには他の顔のパーツとのバランスもよく考えておかないといけません。目元を変えたことで不自然な感じになってしまわないように、事前にしっかりと考えておきます。手術の方法によっては術後に元の状態には戻せない可能性もあるので、術前に細かいところまで考えておくことで失敗を予防できます。二重整形は非常に安い価格で行えることがありますが、値段だけでなくカウンセリングが充実しているかどうかも判断材料にしましょう。二重整形をする時には施術時間が数十分で済むということと、タイムダウンが短いということが大きなメリットになります。費用も他の施術に比べて安めなので、短期の休みをとれば簡単に受けられると考えている人がいますが、術後の予定には余裕を持たせておくことをおすすめします。埋没法といういとで留めて二重を作る方法では、術後に腫れが長引くこともなく、すぐに元の生活に戻れる人もいますが、中には目の腫れが続いてしまう人もいます。最低でも1週間ほどは外に出なくてもいいような準備がしておけると安心です。もしも長期休みがとりにくいという場合にはサングラスなど目元を隠せるものを準備しておくと、いざという時には手術跡を隠すことができるでしょう。メスを使って切開をする切開法の場合には術後の腫れが大きくなり、手術をした場所の赤みも強く出てしまいます。1週間が経過したあとでも、ほとんどの人が腫れを残し、傷跡も他の人からわかる程度に残っています。そのため切開法の場合には術後2週間ほどは余裕を持って休みをとっておきましょう。長期になるので生活をしていく上で、外出を御しなくてはいけないことが出てきますが、サングラスなどで対応をして不必要な外出を避けるようにしましょう。特に整形をしたことを人に知られたくない場合には、手術後の過ごし方が重要です。手術後には目元の状態が腫れも加わり、いつもとは大きく違ってきます。その姿を見られてしまうと、すぐに整形をしたことが相手にわかってしまいます。知られたくないという人はダウンタイムの過ごし方に気をつけましょう。