二重で目元の印象を大きく変える!アフターケアも非常に重要

サイトメニュー

形や幅にも流行がある

顔に触れる女性

メイク時間の短縮になる

二重整形はとても人気のある手術で、比較的安い価格で行えるというのも人気がある理由でしょう。二重と言っても幅や形には色々なものがあり、目のふちと平行に折れ目を作る平行型のものと目尻に沿って幅が広くなる扇形のものがあります。平行型のほうが目頭からくっきりとした折り目がついているということで、はっきりとした印象の目元にすることができます。扇形は目頭の幅は狭く、目尻に行くに従って広くなっているので自然な雰囲気に見せられます。このふたつはどちらでも好きなほうが選べますが、施術のやり方次第では元に戻すことができない場合もあるので慎重に決めることが大切です。実際に時代によってどういった二重にするのかは変化しており、過去には平行型のものが人気がありましたが、今では扇形にする人も多くなっています。今後どのように流行が変わっていくかわかりませんが、その時の流行りだけでなく自分の顔に合ったものにするようにしましょう。もしくは埋没法という糸でとめるだけの施術法にして、後で変更できるようにしておくという方法もあります。埋没法の中にも変更ができない施術法があるので、もしも元に戻す可能性があるという時には事前に担当医にその旨を伝えておきましょう。また元に戻すことができる施術法は意図しない時に二重がとれてしまうというリスクがあります。切開法の場合には、施術を行った後には元に戻すことができないので、今後のことも考えて二重の形を決めることが重要です。年齢と共にまぶたが下垂してくることもあるので、そういった経年変化についても確認しておくと安心できます。二重整形をする時には埋没法か切開法を選びますが、目元の印象を大きく変えたい時には切開法がおすすめです。メスで切開するので目元の余分な脂肪を取り除くことができたり、目頭や目尻にも切開を入れて希望の目元に近づけたりすることができます。二重にするだけでも印象が大きく変わりますが、折り目をつけるだけではできないことがたくさんあります。切開をすることで手術後に腫れが長引くなどデメリットはありますが、腫れがでるのは一時期だけです。施術後に時間が経てば腫れがなくなり、希望通りの二重を持つ顔になることができます。切開をすると大きく印象が変わるので整形をしたことがばれてしまうこともありますが、今はメイクをしているという言い訳をすることができます。メイクで顔が大きく変わる人が珍しくなくなったので、特別なメイクをしているということで怪しまれずに顔を変えることもできるでしょう。怪しまれるだけでも抵抗があるという人は、埋没法で自然な雰囲気の目元にするのがおすすめです。埋没法は施術後の腫れも切開法よりも少なくて済みますし、仕上がりが自然です。糸でとめるだけなので大きな変化をつけることはできませんが、目元が二重になるだけで芽が大きく見えて華やかさを出すことができます。また自分で毎日二重にするメイクをしていた人は、朝のメイクの時間の節約にもなります。どちらの方法にしても、目元の状態を元から変えることで目元のメイクはかなり楽になります。今までは目を大きく見せるよう様々な工夫をしていた人も、簡単なメイクだけで同じような状態に見せることができるようになるからです。